日本の宇宙政策と宇宙技術産業

スペースXやブルーオリジンなど、世界は安価で高性能なロケットの時代に入りました。安価で高性能なモノづくりは日本のお家芸。今後の日本の宇宙産業界の活躍に期待!

日本の宇宙産業をリードするのはこの人かもしれない

ホリエモン

 

彼の言動には、常に賛否両論あるが、僕は、

同世代の人間の一人として彼を応援したい。

 

日本の宇宙(そら)には、無限の可能性がある。

 

しかし、日本の産業界は、何故か及び腰である。

 

何らかの足かせがあるのか。

 

確かに、宇宙で何かをするには、これまで

莫大なコストがかかっていた。

 

まだまだ、分からないことも多い。

 

ロケットを打ち上げたところで成功するとも

限らない。

 

不安もあるだろう。

 

もっと別の何かかもしれない。

 

しかし、宇宙に挑む人がいる。

 

その無限の可能性を感じて。

 

きっと成功すると信じて。

 

頭がおかしいと思われることもあるだろう。

 

「また目立とうとしているだけだろう」

 

そんな批判も彼には届いているのかもしれない。

 

しかし、常識的なマインドで挑んでも、未開の地へは

辿り着けない。

 

タブーへ挑戦し、ぼろぼろになっても這い上がって

我々の前で再び挑戦する姿を現した男。

 

彼の挑戦を見守って行きたい。